新着情報

2014年9月

会社設立30周年を迎えて

感 謝


共栄ホームズは今年、会社設立30周年を迎えることができました。これもひとえにお客様、一緒に仕事をさせていただいた皆様、お世話になった皆様のおかげであり、心より感謝申し上げます。


30年前、大手や地場のハウスメーカーがどんどん新築住宅を建てている時代に、起業への思いが決定的になったのは、ある新築住宅の現場で見た光景でした。そこには解体中の工事現場に立った老夫婦と家族の姿がありました。心なしか寂しげな後ろ姿と、その先に取り壊される建物。じっと見つめておられる姿から、今まで長い間暮らした日々の思い出、祖父母をはじめとする家族への思い、そして家に対する感謝の気持ちが伝わってくる光景でした。


当社が展開している「再生住宅」は、今あるものを大切に活かしたい、壊すなんてもったいない、良いものを次の世代に残していきたい、という思いから始めたものです。柱や梁など再利用できる部材を有効活用することで、材料費が節約でき、森林資源の保護につながります。つまり、「エコノミー」と「エコロジー」の両面を追求しています。


家は、時代とともに進化していきます。より住みよい居住性や安全性、そしてデザイン性が生み出され、ライフスタイルも時代とともに変化していきます。しかしながら、親から子、子から孫へ、世代をつなぐ家族の絆は、変わるものではありません。家の再生は、家族の再生、そして街の再生にもつながっていくのです。これを表現したのが、「Neo & Classic」です。住宅は新築(Neo)と再生(Classic)により循環し、次世代に受け継がれていくという考え方です。


共栄ホームズの歴史は、私どもが手掛けたご家族の皆様とともに歩いてきた歴史であり、一緒に仕事をさせていただいた皆様からたくさんの事を学んだ歴史であります。これまでの出逢いに感謝し、これからの出逢いを楽しみにしながら、歩み続けていきたいと思います。

 

共栄ホームズ 代表取締役社長

武田 安弘

 

 

IMGP7721 - コピー.JPG

 

 





 

2014.09.23 |

KNBニュース「空き家活用を事業化へ」

当社の取り組みが、KNBテレビで放映されました。

空き家対策は現在、全国的な問題となっており、共栄ホームズでは解決に向けて今後も活動していきたいと思います。

http://www.knb.ne.jp/news/detail/?sid=4710

 

mm-001.jpg

 

mm-002.jpg

 

 

 

2014.09.05 |

1
このページのトップへ
width=