新着情報

お知らせ

9月9日(土)10日(日) 再生住宅内見会 (婦中町 W様邸)

築30年の住宅が当社の再生住宅の技術で生まれかわりました。

家族の変化と共に使いづらかった間取りが

素敵に変身しました

IMGP0477.JPG

 

 

個々の部屋に、たっぷりの収納を設け

家族のプライバシーに配慮しながら

共有であるダイニングキッチンは使いやすく

庭を眺めながらの快適な空間になりました

 

 

※ 一般のお客様のお宅を お借りしての見学会の為

予約制になっております ご了承下さい。

見学されたい お客様は お電話 または、ホームページ お問い合わせから ご予約を お願い致します。

 

 


 

 

 

見学会は 終了致しました。

大変 たくさんのご来場 誠に ありがとうございました。

 

 

 

2017.09.06 | お知らせ

新モデルハウス「彩」予約制プレオープン

常時予約受付中

当社事務所横に、建設中の2棟のモデルハウスのひとつ「彩(あや)」が

いよいよプレオープンいたします。

 

 

 

19400123_468912743443653_6092487614279337318_n[1].jpg<外空間を切り取る設計>

 

 

軒の出をだした趣のある外観、無垢材をふんだんに使いながらも

華やかな仕上がりの建物になりました。

 19400033_468912750110319_976822656546976148_n[1].jpg

<1階 無垢材をふんだんに使用したリビング> 

 19397090_468912736776987_757841031131520686_n[1].jpg

<2階 子世帯の 仕上げは レトロスタイル> 

 

 

 

 

 

  DSC01649.JPG

 

<タモ材の 浴室テラス> 

 

 

 

今回は予約制となっています。

 

お問い合わせフォームからのご連絡

または、お電話(TEL076-466-3091)での予約お待ちしています。

 

 

 

IMG_2027.JPG

 

 

 

 

 

 

 

2017.06.02 | お知らせ

年末年始 休業のご案内

年末年始 休業の ご案内

 

12月30日 ~ 1月4日 (1月5日から 通常営業です)

 

皆様 よいお年を お迎えください

 

IMG_0813.JPG

2016.12.29 | お知らせ

10月14日(金)15日(土)おかげさまで1周年「古民家カフェ アメリ」記念イベント

再生ギャラリーClassic館に昨年度オープンしました「古民家カフェ アメリ」が、

おかげさまで1周年をむかえます

日頃からのご愛顧に感謝し記念イベントを開催します

 

IMG_0760.JPG

★当日、お食事の方にもれなく、お楽しみ抽選会

 

IMG_0741.JPGのサムネール画像のサムネール画像

 

 

★野菜、果物直販コーナー

★縁日コーナー

★ギフトコーナー

 

IMG_0893.JPG

 

スタッフ一同お待ちしています

 

 

 

2016.10.07 | お知らせ

10月5日 ベターライフリフォーム・シンポジウム大阪

関西圏で初めて、ベーターライフリフォーム協会のシンポジウムが開催されます。

安全、安心、快適で便利な暮らしの実現に向け、消費者に安心してリフォーム依頼をしてもらうために事業者が取組むべき課題について講演があります。


第一部は国土交通省、住宅紛争処理支援センターからの講演、第2部には当社社長の「壊すなんてもったいないからのリフォーム事業」として講演します。

 

IMGP6470.JPG

 

2016.10.01 | お知らせ

現場案内いたします。お気軽にお問い合わせください。

 

Microsoft Word - 現xx場案内.jpg

沢山の事例がありますので、お問い合わせ下さい。下記の写真をクリックすると拡大できます。

Microsoft Word - cc場案内.jpgkkkkk.jpg

Microsoft Word - zzz現場案内.jpgao.jpg






 


 

2016.05.21 | お知らせ

3月26日27日 住宅、リフォーム相談会

 

3月26日.27日住宅リフォーム相談会開催します

 


あなたの家族の「ちょっと困った」を御相談ください。ワンランク上の住みやすさをご提案いたします。

 

ホームズワン  富山市古沢194

TEL076-411-6335


AM10:00~PM5:00

 


1Fは「古民家カフェ アメリ」として営業しています

お気軽に声をかけてください

専門スタッフが対応いたします

 

 



<再生工事前のI様邸>
IMGP1514.JPGのサムネール画像のサムネール画像

<減築再生後のI様邸>

 

IMG_0207.JPG

 

 













 

 

 

2016.03.24 | お知らせ

東京ビックサイトにて 経済産業大臣賞 授賞式

3月9日(水) 東京ビックサイト


㈱共栄ホームズは、経済産業省の今年度の「先進的なリフォーム事業者表彰」を受けた。北陸の事業者が単独で選ばれたのは初めてとなる。



DSC01335.JPG




同日、東京ビックサイトで表彰式が行われた。同社はこれまで「壊すなんてもったいない」を理念に掲げ、既存の建物などを活用した再生住宅を供給してきた。


武田安弘社長は「最近は住宅の再生だけではなく、限界集落などの『町の再生』にも挑戦しており、今後も精力的に取り組みたい」と 話した。


表彰は独自のビジネスモデルを構築し、リフォームビジネスの拡大に貢献する事業者をたたえる制度で、今年度は全国から17事業者が選ばれた。




DSC01352.JPG


家の建て替えやリフォームを考えた時、どのように業者を選んでいますか?値段が安い、着工数が多い、よく宣伝している等、まぎらわしい広告宣伝にまどわされることなく大切な家作りを安心して任せる会社選びが大切です。


新築も目新しい工法やデザインを追及しすぎたり、維持メンテナンスの技法がないようでは、共に歩むパートナーになりえないと考えています。


今回の受賞で当社と共に家作りを施工させて頂いた施主様に感謝し、またこれから出会う方々に、更なる住環境のご提案に取り組んでいきたいと思います。

 

 

 

2016.03.10 | お知らせ

平成27年度先進的なリフォーム事業者(経済産業大臣表彰)受賞

当社が、経済産業省が取組んでいる平成27年度「先進的なリフォーム事業者表彰」に選定されました。


経済産業省では平成26年度より、消費者の住まいに関する多様なニーズに対応し、独自のビジネスモデルで他の事業と差別化された強みを有する全国のリフォーム事業者の先進的な取組を選定し表彰する施策を行っています。

その中で、弊社は30余年前の創業時から「壊すなんてもったいない」を理念に掲げ、今あるものや使える資源を有効活用する再生住宅を中心とした家づくりを行ってきました。家族の思い出や絆を受け継ぐこと、ものを大切にする心、古来より日本人の基本的考え方である「もったいない」を家づくりに長年実践してきました。

そして、この信条を多くの方に伝えるため、全国各地の企業をはじめ、次世代を担う学生に向け地元大学などでも講演活動を行っています。

また、これらの当社の根本原理に基づく再生住宅事業を通じ、少子高齢化や空家増加など、直面する大きな社会問題に対し、これからの新しいライフスタイル、住環境の提案・改善に積極的に取り組んでいます。

このような企業活動を通じ、経済産業省が求める事業者として評価をいただき今回の表彰に繋がったものと確信しています。

これからも当社の根本原理に基づく再生事業を通じ、少子高齢化や空家増加など直面する社会問題に対し、住環境の提案・改善に積極的に取り組んでまいります。

 

 

IMG_2736.JPG

 

 

 

 

2016.02.09 | お知らせ

創業以来 訴えている 「再生住宅」の魅力



 

gjgogmn.JPG

 



<再生住宅 の はじまり>



創業以来 提案し続けている 再生住宅。


時代の流れ、バブル景気 単世帯でも 十分生活してゆける


経済的余裕が個々に 最も あった時代です。


古く大きな家に しがらみの基 多世帯で生活を


営む必要性が希薄になり、個々に生活をする事を望んだ時代でした。


このような時代の流れのもと


30数年前 創業当初 の住宅事情は 新築住宅一択の時代。


新興分譲地にコンパクト住宅が どんどん建てられる中


逆風を受けながらも


提案していた 「壊すなんてもったいない 再生住宅」という提案。


家作りに携る 職人さんたちも ノウハウが少なく 面倒な作業の多い


再生工事への従事はめんどくさいという 感覚が 正直なところでした。


しかし お客様の中には 「壊すなんてもったいない」のコンセプトに


賛同を頂ける お客様(当時はコアな客層)に支持を頂き、


再生住宅に関する 知識 ノウハウを 蓄積構築することとなりました。


逆風の時代から 提案してきたからこそ 「再生住宅」という分野での


確固たる ブランディングを定着し、


他社には真似できない 再生住宅に関するノウハウ スピード効率


コスト削減が 今の 提案力に 結びついております。




 

IMG_4145.JPG

 



<再生住宅 の 魅力>


今の時代の 住宅業界の実情


リフォーム工事が 大きな市場を占めてきているが


デフレによる コスト優先の時代、臭いものにフタをする 施工業者が


数多く 参入しています。




見た目だけ綺麗にしても 基礎や構造体が ダメでは 築年数によっては


目先の数年で 歪みや不具合が でてくるのは必須です。


後世に 負の遺産を 残してゆく 工事です。



再生住宅とは 基礎、構造体に 至るまで 再生し


新築同等の 法規基準に基づき 再生します。


簡単に いうと 新築と変わらない 状態まで 再生するということです。



また 再生住宅では 使える 柱や 立派な 梁は そのまま使います。


これも また魅力のひとつです。


昔の思い出の香りが 残る 住宅となります。


また 代々 引き継がれてきた 家には 立派な古材が 使われて


いる事が 多い。




 

afefwee.JPG

 



<増え続ける 空き家 の 抑止力になりたい>



今 日本で 問題となっているのが、「空き家問題」


この 抑止力の ひとつとしての提案として 受け入れてもらいたい。


住宅を考える時、単世帯で 十二分やってゆける 時代は


終止符が打たれたと思います。単世帯で 生活を 十二分に


やってゆくには 父親 母親が フルに働かざるを得なくなり


少子化に 拍車をかけている実情。


家作りを 昔ながらの考えに 修正する 必要がでてきた


のではないでしょうか?


家作りも 世帯をこえて 作る時代が また やってくる


と 考えても良いのでは ないでしょうか。

 

 


新らしく創造するばかりが 家作りではない 一歩立ち止まって 今まで住んできた家 今まで育ててくれた人を 思い浮かべてみませんか?

 

 


 

 

 

2015.10.06 | お知らせ

富山共栄新聞

このページのトップへ
width=