共栄ホームズの取り組み

HOME »  共栄ホームズの取り組み

共栄ホームズの取り組み

 

 

富山に住みたい - コピー.jpg

住宅を受け継がせていくこと


次の世代に住宅を受け継いでいくため、スケルトンとインフィルを分けて考えることは、とても有効です。家を直す機会にスケルトンを優先してしっかりと工事しておけば、予算に応じてインフィルを充実していくことができます。


スケルトンとインフィルを分け、建築の耐用年数を上げる方法は広がりを見せつつあり、マンションのリノベーションやビルの改修工事などでも行われています。しかしながら、日本の住宅の寿命は27年と短く、これは欧米の半分以下の数値です。建築の長寿命化は、温室効果ガス(二酸化炭素)の発生を抑え、地球環境の破壊を防ぐため、日本だけではなく地球規模で取り組まなくてはならない問題です。


当社の提案している再生住宅は、まさに長寿命化のために行っているもので、一度骨組にしてから、新築住宅と同等の性能で住宅を蘇らせます。スケルトンの部分、基礎や土台は今の基準に合う様にし、構造体も筋交や金物を入れて強度を上げます。インフィルの部分、天井、床、壁は断熱材で覆い、開口部には断熱性能の高いサッシュと複層ガラスを設置します。設備についても、LED照明や省エネ住宅ポイントの対象となっている、経済的でエコに配慮したものを標準としています。

 

 

富山に住みたい - コピー (2).jpgのサムネール画像

様々なご提案


大切なものを受け継いでいく「Neo & Classic」の考え方と、スケルトンによる長寿命化の方法をもとにして、お客様の思いを形にするため、当社では新築と再生から柔軟にご提案ができます。


若いご夫婦の場合でしたら、土地を探して新築する以外にも色々な方法があります。例えば、今ある親御さんの敷地に新築するのも一つの方法です。「スープの冷めない距離」でお互い暮らせば、何かあった時も安心です。敷地に立派な納屋があれば、それを再生して住宅にすることができます。二世帯住宅をお考えでしたら、実家を再生してお互い住みやすくする方法もあります。最近は各市町村で空き家バンクを設けているので、土地付きの中古住宅を購入して再生することができます。


また、お子様の自立されたご夫婦が、第二の家づくりに取り組む機会も増えています。代々受け継いできた立派な民家であれば、お子様夫婦との二世帯住宅に再生すること、お父様、お母様の部屋を造りながら減築して、ご夫婦の生活中心のコンパクトな間取りに変えることができます。建物の老朽化などで再生ができない場合は、一度解体して長年受け継いできた土地に新築する方法もあります。

こうした幅広いご提案は、「Neo & Classic」を掲げる共栄ホームズだからことできることだと自負しています。


 

 

空き家の活用 一軒家賃貸 や シェアハウス


近年 空き家が増え続ける中 住宅困窮者の存在も増えてきています。母子家庭も その 住宅困窮者として あげられます。 空き家のオーナーの ほとんどが 生活をする上で 空き家を ひとつの負担材料と 考えています。 これら双方のメリットとなる 空き家の活用方法として、当社が 行っているのが 賃貸 または シェアハウスです。 母子家庭が お互いの手を取り合い 生活する シェアハウス。学生が 仲間で家賃を負担し合い 生活水準を 確保する。 など といった 事が できると考えております。 また貸し主側の 空き家住宅維持費軽減の為 借主に 格安で空き家を貸し 自由にカスタマイズさせる権利を与えるなど 様々な空き家の活用方法を 考えています。

 

 

富山共栄新聞

このページのトップへ